庶民派公認会計士が、日常や経験談をお伝えします

公認会計士の日常生活、日々の監査業務やちょっと踏み込んだ監査法人の実態などをお伝えします。また、5歳の息子をもつ父親としての側面もアップしていきます。愛する妻のぶーたも登場します。お楽しみに!

現役公認会計士のトレーニング日記(背中のトレーニング)

皆様、ごきげんよう

 

本日は、現役公認会計士のトレーニング日記です。本日実施したトレーニング内容をお伝えしていきたいと思います。

 

ぶーたの夫は、曜日ごとにトレーニング内容を分けていて、水曜日は背中を中心にトレーニングする日と決めています。

 

(本日のメニュー)

ポリゾンタル・プル 15回×2セット

 

レーニング方法

①懸垂バーを腰くらいの高さにセッティングし、その下に潜り込む形で、懸垂バーに手を掛けてぶら下がります。(スタートポジション)

 

②そこからゆっくりと体を引き上げていき、胸が懸垂バーに触れたら、1秒停止します。(フィニッシュポジション)

 

③その後ゆっくりとスタートポジションに戻ります。これを繰り返します。

 

単純な動作ですが、一回ずつ、反動を使わずゆっくりやるのがポイントです。じわじわと肩甲骨周りや広背筋などの背中の筋肉に効いてきます。

あと、懸垂バーを握り続けている前腕もパンパンになります。たぶん握力も鍛えられているのではないかと思いますね。

 

ちなみに、ぶーたの夫が実践するトレーニングは、キャリステニクスという自分の体重と慣性を利用したトレーニング方法です。

「プリズナートレーニング圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ」を参考にメニューを組んでいます。


 

腕、背筋、腹筋などの部位ごとにトレーニング方法が設定されており、部位ごとに10のステップに細かく分けられています。ステップ1からステップ10に向かうにつれて、徐々に運動強度が増していくように設定されています。各ステップでの目標回数が設定されていて、これをクリアしたら次のステップへ挑戦していくような感じです。

 

本日ぶーたの夫が実践したトレーニングは、背中のトレーニング「プルアップ」のステップ2を参考にしたものです。ここでのクリア目標は、30回×3セットですから、まだまだ次のステップへの道のりは長そうです。。

 

プルアップの最終目標は、ワンアームプルアップ(片腕での懸垂)です。ここまでいくには相当時間がかかるのではないかと思いますが、ぶーたの夫もそこを目標として見据えて、じっくりトレーニングをしていきたいと思います。

 

次回は金曜日に肩と腹筋のトレーニング日記をアップする予定です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。