庶民派公認会計士が、日常や経験談をお伝えします

公認会計士の日常生活、日々の監査業務やちょっと踏み込んだ監査法人の実態などをお伝えします。また、5歳の息子をもつ父親としての側面もアップしていきます。愛する妻のぶーたも登場します。お楽しみに!

現役公認会計士ぶーたの夫が実践する投資について

皆様、ごきげんよう

 

本日は、ぶーたの夫が実践している投資についてお伝えしたいと思います。

 

早速ですが、ぶーたの夫は、FXをやっています。といってもガッツリのめり込んでいる訳ではなくお小遣い程度の元手で続けています。

 

そもそもFXって何?

外国為替のことを英語では「Foreign Exchange」と言います。海外の空港や街中の両替所で、英語で書かれた看板を見たことはありませんか。本来は外貨の両替を意味する言葉ですが、「FX」と頭文字で書かれると店頭外国為替証拠金取引を指します。

 出典:FXとは?初心者向け基礎知識 - DMM FX

 

横文字や難しい言葉で説明すると堅苦しいですが、簡単に言えば、1ドルを100円で買って、その後105円になったタイミングで売却すると5円の利益が出ますよね。この5円の利益を狙って通貨の売買取引をするのがFXです。

 

なぜ、FXなのか

もともと株式投資について興味があったのですが、監査法人に勤務しているぶーたの夫には、インサイダー取引防止や独立性の観点からかなりハードルが高く、投資できる銘柄も限られてしまうため、株式投資は選択肢から除外しました。不動産投資や仮想通貨などもありますが、不動産投資は初期投資額が多額なので手が出ず、仮想通貨は、ハイリスクなイメージが強かったので、投資する勇気が持てませんでした。

そんな中、いろいろ調べていくうちにFXにたどり着きました。

FX投資を実践するに至った決定的な理由は下記の3点です。

1、少ない元本で投資を始めることができる

FXは、運営会社によりますが最低通貨単位が定められており、仮にこれが10,000単位であれば、4万円〜5万円程度の資金で取引を開始することができます。

 

2、自己資金の25倍の資金での取引ができる

元手となる資金(証拠金)を担保に、自己資金の最大25倍のレバレッジ用いて取引ができます。

例えば、4万円の資金をもって、最大25倍のレバレッジをかけると100万円の取引が可能となります。1ドル100円で1万ドルを買い、その後1ドル101円になれば、1万円の利益となります。つまり、100万円の資金を用意しなくても、4万円の資金のみで100万円の取引が可能となるので、効率がいいと考えました。

 

3、ロスカットにより、自己資金以上の損失を被る可能性が低いこと

ロスカットとは、FX取引で一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済することをいいます。
FX取引は、元本以上の取引ができるため、相場の状況によっては大きな損失を被るばかりか、元本を超えた損失が発生することがあります。ロスカットは、システムによって強制的に取引を終了させ、最低限の資金を温存するための制度です。

出典:ロスカットとは? - DMM FX

簡単にいうと、仮に為替相場が大幅に変動して、想定外の損失が生じそうになったとしても、元本を超える損失が生じないように、運営会社側が強制的に取引をストップさせてくれるシステムです。政権交代や主要な経済指標の発表等のイベントがあるときは、相場が一時的に急変動することがあります。これにより多額の利益に繋がることもあれば、多額の損失が発生することもあります。ちょっと目を離した隙に相場が大暴落するということもあるので、このような仕組みがあるから安心して取引をすることができます。

 

以上が、ぶーたの夫がFX投資を選んだ理由です。

ぶーたの夫は、最初はFXって何?という感じだったので、FXに関する書籍を何冊も読みました。色々な入門書を読みましたが、1番わかりやすく、ぶーたの夫が参考にしたFXの教本を参考までに紹介しておきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界一やさしいFXの教科書1年生 [ 堀祐士 ]
価格:1628円(税込、送料無料) (2020/10/25時点)


 

 

ある程度知識が増えて来たタイミングで、バーチャル取引を1ヶ月ほどやり、実践感覚を養いました。その後、いよいよ本番取引へと進めて行きました。初めて取引注文を入れた時は、リアルタイムで損益が変動するのを見て、興奮したのを覚えています。

 

ちなみにぶーたの夫は、為替相場のトレンドに乗った取引しかしません。明らかに相場が上がっていると判断できるときに、買い注文を入れて、ある程度の利益が出たら早々に決済してしまいます。そのため、多額の利益が出ることはありませんが、大きな損失となることも少ないです。ローリスク・ローリターンな取引を心掛けています。

個人トレーダーの中には、数千万円から数億円程度を稼いでいらっしゃる方もいるようなので、夢のある世界であると思います。

 

FXに興味を持ってもらえたら、まずはデモトレードをやってみることをオススメします。

これは本番取引と同様の環境で、仮想の資金をもって為替取引の体験をすることができます。もちろん為替相場はすべて現実のものです。FXの教本で学んだテクニックを、ここでトライアルしてみるのがいいと思います。ここで失敗しても資金は減りませんし、ゲーム感覚で取引のリアルを体験できると思います。

 

ぶーたの夫が使っているFX会社

DMM FX(DMM.com証券です。ぶーたの夫がここを利用しているのは、主要な通貨の取引スプレッドが狭いことと、取引ツールがわかりやすく、使いやすいと感じているからです。

FXはチャートを分析して、トレンドを把握して注文を入れます。これをスピーディーに対応していく必要があるため、運営会社が提供する取引ツールの使い勝手が重要になります。

DMM FXの取引ツールは、ユーザーインターフェイスが優れている印象です。スピード注文が充実しており、チャート図、ポジション、評価損益が一覧表示されるため非常に見やすいです。通貨やチャートの時間足の変更をプルダウンで簡単に変更できたり、複数のポジションワンクリックで一括決済できるなど、使い勝手がよいものとなっています。

この辺りは、好みによる部分になると思いますので、デモトレードなどで複数社使ってみて、自分にあったものを探してみるのも良いと思います。

 

口座の開設について

DMM FXでは、『スマホでスピード本人確認』を利用すれば最短で申し込み当日に取引が開始できます。口座開設までの簡単な流れは以下のとおりです。

1、口座開設の申し込み

2、各種交付書面の確認とお客様情報の登録

3、本人確認書類とマイナンバー確認書類の提出(スマホで撮影してアップロード)

4、口座開設審査

5、口座開設審査完了〜取引開始

ぶーたの夫は、夕方頃の口座開設申請だったので、開設は翌日になりましたが、それでも早いですよね。スマホでアップロードできるのが手軽でいいです。

(DMM FXはこちらからどうぞ↓)

 

いかがでしたでしょうか。

ぶーたの夫が実践する投資についてご紹介していきました。

 

個人的にFXは資金管理がしっかりとできて、平常心を保てる方が向いていると思います。なぜならFXはギャンブルではなく投資だからです。FXで数千万円〜数億円を稼ぐ方もいらっしゃるようなので、夢のある世界であると言えます。ただし、元本割れのリスクが伴うものですので、自己責任でお願いします。

 

最後までご覧いただき有難うございました。 

それでは、次回の記事でまた会いましょう。