庶民派公認会計士が、日常や経験談をお伝えします

公認会計士の日常生活、日々の監査業務やちょっと踏み込んだ監査法人の実態などをお伝えします。また、5歳の息子をもつ父親としての側面もアップしていきます。愛する妻のぶーたも登場します。お楽しみに!

現役公認会計士の午後のひととき〜神秘的な雲〜

皆様、ごきげんよう

 

本日は、現役公認会計士の“午後のひととき”についてお届けします。

 

監査法人ではコロナ感染症対策のため、在宅ワークが原則なので

ぶーたの夫は、基本的に在宅で仕事をしています。

在宅ワークについては下記の記事もご覧ください。

 

boota-no-otto.hatenablog.com

在宅ワークですと、時間をフレキシブルに使うことができるがいいですね。

というわけで、今日はぶーたの息子のお迎えに行きつつ、公園に行ってきました。

 

公園では全力でボール遊びをしたり、おにごっこをしたりして遊ぶのですが、

ここでしっかりとぶーたの息子の体力を消耗させる(?)ことがポイントだったりします。

たくさん遊ぶと、お腹が空いて夕ご飯をしっかり食べてもらえますし、夜の寝かしつけがスムーズなります。

 

ぶーたの夫としても、いい運動になりますので一石二鳥です。

子どもって体力がありますよね。大人の方が先に疲れるくらいですからね。

 

疲れたし、そろそろ帰ろうかというときに、ふと空を見上げるとそこには、

f:id:boota-no-otto:20201028114517j:image

昇り龍のような雲。

こんなの初めて見ましたし、とても神秘的でした。

 

そして、

f:id:boota-no-otto:20201028140910j:image

虹も。虹といえばアーチ状になっていることが多いですが、これは一部だけが空に浮いているような感じで

とても不思議な感じでした。

 

ぶーたの息子と大自然から元気をもらいました。

お昼休憩した分、このあと気合いを入れて纏めて仕事しよう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。