庶民派公認会計士が、日常や経験談をお伝えします

公認会計士の日常生活、日々の監査業務やちょっと踏み込んだ監査法人の実態などをお伝えします。また、5歳の息子をもつ父親としての側面もアップしていきます。愛する妻のぶーたも登場します。お楽しみに!

【現役公認会計士】がオススメする本の紹介=Excel最強の教科書

Excel最強の教科書
この本、タイトルからして相当なインパクトがありますよね。


私は大手の監査法人で監査業務に携わっていますが、仕事内容はエクセルでの調書作成が8割型の業務です。なので💡監査法人に入ったら、必ず習得しなければならないスキルのうちの一つです❗️

 

私は、監査法人に入るまではエクセルはおろか、PC自体も動画を見たりする以外に使ってこないガラパゴス原人(?)でした。入社当時は相当苦戦しました・・・先輩たちはものすごい勢いでキーボードを操作し、エクセル関数もスラスラ入力していく。正直、同じ作業をしていても先輩の3倍は時間が掛かっていたかもしれません。

 

でも大丈夫!この本を読んで、仕事でアウトプットすれば一気に上達します。そして、同期や先輩達をだしぬくことができます。

 

この本がオススメの方!

・エクセルの初心者の方

・エクセルは自己流でやっているが、たまに単純なミスをしてしまう

・Excel操作で頻繁にマウスを使う

・Excel作業は正直、面倒くさい

・エクセルは不得意では無いけど、さらに上達したい方

こんな方には是非オススメしたい本です。

 

この本のポイント✨

・面倒なエクセル作業を正確、かつ高速に行うためのプロの技が凝縮されている

即戦力となるエクセル関数が凝縮されています。VLOOK UP関数やSUM  IF関数は当たり前!

 

・エクセルのショートカットキーが身につくので、作業効率が爆あがりする。

コピーは、Ctrl+Cですよね。貼り付けはCtrl+V。行や列をグループ化するショートカットはご存知でしょうか?

これってマウスを使ってやると意外と時間がかかるんですよね。正解は、Shift+Alt+→です。これは早速使ってください!

そのほかにも、数十個のショートカットキーがあります。ご自身の業務に必要なショートカットキーが見つかるはずです!

 

・誰が見ても見やすいと感じる表を作る方法が身につく

表はA1から始めない。なんとな〜くExcelは左上のA1から入力を開始しがちですが、これは見やすい表を作る上ではNG・・・そのほか、行の幅、列の高さ、フォント、文字の大きさ、罫線の正しい使い方などなど、プロの作成する表にはルールがあるのです。

 

・Excelの印刷機能がマスターできる

 

 

そしてExcelスキルを向上するために暗記は不要です。仕事などでExcel作業をするときに本書を手元に置いて、見ながらアウトプットを繰り返せばいいのです。本書を辞書代わりに使用していけば,意識して暗記しなくても自然と身についていきます。

 

私はこの本で、本当にExcelスキルが上達しました。エクセルといえば私に聞いてくれというくらいにです。😏ドヤ そのおかげで、上司からも一目を置かれるようになれましたし、何より作業を効率よく早く終わらせることができたので、自由時間が増えました。

 

現役公認会計士のわたしが自信を持ってオススメします❗️Excelを上達させたい方は、下記リンクから是非どうぞ✨

 

楽天KoboよりもAmazonの方が安いので、Amazonのリンクを貼っておきま〜す。